障害者グループホームを利用するとき、通常は長期間、障害者施設に住むことになります。ただ場合によっては、短期入所・ショートステイを利用することもできます。

希望する障害者グループホームに対して体験入所したい場合、短期でのお試し利用となります。また、その他の理由によって短期入所を希望する障害者がいるかもしれません。

いずれにしても、長期での利用だけでなく、ショートステイとして短期のみ障害者グループホームを利用できます。このときはすぐに利用できず、事前の申し込みは必要になるものの、30日を限度として短期入所が可能なのです。

それでは障害者がショートステイを利用するとき、何を考えればいいのでしょうか。障害者グループホームでの体験利用・短期入所について解説していきます。

グループホームで体験入所・短期入所が可能

知的障害者や精神障害者、身体障害者、難病患者であり、障害区分の指定を受けているのであれば、誰でも障害者グループホームを利用できます。

特定のグループホームへの入所を希望するにしても、どのような生活になるのか、実際に体験しなければわかりません。そこで事前に体験利用するのです。

または、その他の理由によってショートステイしたい人もいます。例えば以下のような理由が該当します。

  • 家族が入院するため、その間だけ短期入所したい
  • 家族がずっと障害者の世話をしており、家族の休息が必要
  • 単身生活を考えており、前もって練習をしておきたい

障害者グループホームでは、複数の障害者や難病患者が共同生活を送っています。こうした施設では、家族のいない障害者も暮らしています。

家族がおらず、ほとんど働けない人であっても、介護職員による支援によって問題なく暮らせるのがグループホームです。重度の知的障害者・精神障害者であっても、短期入所は可能です。

空いている一室でショートステイを行う

なお障害者グループホームで短期入所をする場合、多くは「施設に存在する空き部屋または短期入所用の部屋」を利用することになります。このときの部屋は、以下のように見た目は普通です。

多くの場合、障害者グループホームでは複数人で一つの家に住み、浴室やトイレは共同利用となります。そのためお風呂は順番制であり、トイレが埋まっている場合は待たなければいけません。

また障害者グループホームという性質上、隣の部屋からうめき声が聞こえてくるケースはよくあります。これについてはどうしようもないため、我慢しなければいけません。ただ、それ以外は格安にて短期入所できるので優れています。

利用期間は原則30日間まで

それでは、障害者グループホームで体験入所・ショートステイをするとき、利用期間はどれくらいになるのでしょうか。短期入所したい場合、原則として同じ施設に連続で利用できるのは30日までです。

そのため同じ施設で30日を超えてショートステイをしたい場合、1日以上を開けて、再び施設を利用することになります。

実際にショートステイする場合、1泊2日から利用できます。そのため1日だけ短期入所してもいいし、30日と長めの体験入所をしてもいいです。

なお、何日のショートステイが可能なのかについてはグループホームによって判断が異なります。障害者施設の中には「短期入所を利用できるのは月に6泊7日まで」などのように規定していることもあるため、これについては事前の確認が必要です。

短期入所での一日の流れ:送迎は要相談

それでは、実際に短期入所するときの一日の流れはどのようになるのでしょうか。初日では日中の送迎が必要になるものの、それ以外の日では以下のスケジュールになります。

  • 6:00:起床
  • 7:00:朝食
  • 12:00:昼食
  • 18:00:夕食
  • 22:00:消灯(門限)

初日については、朝から夕方までのうち、どこかのタイミングで障害者グループホームへ出向くことになります。

障害者グループホームでは、障害の程度が重度であれ軽度であれ、昼間に働くことになります。ただショートステイだと、企業や作業所へ出かけることはないため、自由に過ごしていいです。利用者は自由に外出できるため、外で過ごしてもいいし、部屋でのんびりしてもいいです。

なお通常、グループホームまでは本人が自力で出向く、または家族による送迎となります。または、グループホームによっては有料にて送迎してくれることもあります。これについては、ショートステイの利用前に確認するといいです。

実費負担が発生する

なお体験利用や短期入所であっても、支払いが必要になります。障害者グループホームが提供する介護サービスについては、福祉サービスの月の負担上限金額が以下のようになります。

状態負担上限額
生活保護0円
住民税の非課税世帯0円
世帯年収600万円以下9,300円
世帯年収600万円超37,200円

障害者ですでに一人暮らしをしている場合、多くのケースで住民税の非課税世帯です。ただ「前年まで健常者であり、事故で急に障害者になった」「実家暮らしであり、低所得世帯ではない」などの場合、介護サービスの費用がかかります。

また、こうした介護サービス利用料とは別に食費や水道光熱費もかかります。ホテルやマンスリーマンションを利用するよりは圧倒的に安いものの、それでもある程度の費用は必要になるのです。

ちなみに、一般的なグループホームでは食費や水道光熱費、インターネット代などすべての生活費を含めて月6~8万円となります。こうした低料金でなければ、障害年金などのお金だけで生活できないため、必然的に安い金額にて生活できるように設定されているのです。

なお短期入所であれば、一日あたり2,000~3,000円と考えればいいです。費用については、利用するグループホームによって変動します。なお一般的には、体験入所を含めて1泊2日や2泊3日など短い期間の利用が多く、費用総額は大きくなりにくいです。

ショートステイには事前の申請が必要

それでは、どのように短期入所を依頼すればいいのでしょうか。ホテルとは異なり、空きがあったとしても、直前に依頼しても受け入れてくれません。ショートステイをするにしても、申請を含めてある程度の時間が必要になるのです。

事前に障害者グループホームへ連絡するのは当然として、役所でも手続きが必要になります。そうして支給が決定すると、ようやく体験入所・短期入所が可能になります。この場合、以下のように記されることになります。

障害者グループホームの運営は国からの報酬支払いによって成り立っています。そのためホテルとは異なり、自由にいつでも受け入れられるわけではなく、事前の認定が必要になることは理解しましょう。

そのため体験入所やショートステイを利用したい場合、2か月以上前には障害者グループホームと相談し、利用するための手続きを行うといいです。

・定員により、利用できないことはよくある

ちなみに短期入所について、希望すれば必ず受け入れてくれるわけではありません。ショートステイするにしても、グループホーム側に空きがなければいけません。

短期入所できない理由として、最も多いのは「グループホームの部屋に空きがなかったから」です。例えば体験入所は問題なくても、短期入所を受け入れてくれるとは限りません。また定員に空きがない場合、体験利用すらできません。

いつでも自由に利用できるわけではないからこそ、障害者グループホームを利用するためには、短期の場合でも長期の場合でも早めの申し込みが必要になるのです。

家具は備え付けなので必要なものは少ない

なおショートステイするとき、必要となる荷物は少ないです。ホテルへ宿泊するときと同じように、基本的にはどの障害者グループホームも家具が備え付けとなっているからです。

そのため短期入所で必要なのは、以下のようにホテルへの宿泊と同じような荷物になります。

  • 数日分の着替え
  • 歯ブラシなどの日用品
  • 毎日、服用している薬

ホテルや病院での宿泊とほぼ同じと考えれば、障害者グループホームでのショートステイで持っていく物はほとんどないとわかります。なお、持ち物の細かい内容についてはグループホームによって異なるため、短期宿泊をするときに必要な持ち物を施設へ聞きましょう。

短期入所を利用して一時的に滞在する

長期滞在だけでなく、短期利用で障害者グループホームを利用できます。体験利用やショートステイにて、1泊2日や2泊3日が可能なのです。

短期であっても、すでに共同生活をしている利用者が存在している施設について、障害者グループホームを利用することになります。そのため空きがあり、事前に申請すれば問題なくショートステイできます。

なお同じ施設の利用では連続して原則30日までとなっています。ホテル利用に比べると少額であるものの、費用も発生します。これに加えて、必要となる持ち物を事前に確認しましょう。

福祉施設の一つであるため、いつでも自由に短期入所できるわけではありません。ただ世話人がいて、障害者であれば短期であっても利用できるのがグループホームです。そこで、こうした仕組みを有効活用しましょう。

【全国対応】完全無料にて優良な障害者グループホームを紹介!

家賃のほとんどが自治体から助成され、食費や水道光熱費など、必要最低限の出費で住めるシェアハウス形式の施設が障害者グループホームです。介護スタッフが常駐しているため家族の負担はゼロになり、親亡き後問題も解決できる施設となります。

障害者グループホームは一般的に「空きが少ない」といわれています。ただ、それは「担当者が知っている範囲で空きがない」というだけであり、実際には多くの空きがあります。近隣の自治体まで含めれば、すぐに入居可能な障害者グループホームはいくつも存在します。

ただ障害者グループホームによって居住に関するルールは大きく異なり、利用者(障害者)にとって最適な施設を選ばなければいけません。

そこで、当サイトでは完全無料で障害者グループホームを紹介するサービスを日本全国にて実施しています。「いますぐ入居したい」「いまの障害者グループホームから他の施設へ移りたい」「強制退去となり、新たな施設を探している」など、軽度から重度の障害者を含めてあらゆる方に対応しています。

障害者グループホームの応募ページへ→

YouTubeでの障害者情報

Instagramでの障害者情報

TikTokでの障害者情報

【全国】障害者グループホーム・障害者支援施設の募集