肢体不自由(脳性麻痺、脊髄損傷など)を含め、重度の障害者であっても一人暮らしをしたいと考えるのは普通です。こうした重度障害者の一人暮らしで重要な障害福祉サービスとして重度訪問介護があります。

重度訪問介護はホームヘルプの一つであり、ホームヘルパーが障害者の家に来て介護をしてくれます。そのため、重度の障害者であっても一人暮らしが可能になるというわけです。

それでは、肢体不自由の障害者が一人暮らしをするときは何を考えればいいのでしょうか。ホームヘルプとして、重度訪問介護を依頼さえすれば一人暮らしが可能になるわけではありません。そこで、重度障害者の一人暮らしのポイントについて解説していきます。

重度障害者(脳性麻痺、脊髄損傷など)の一人暮らしは大変

健常者であっても、一人暮らしのスタート時は大変です。食事や洗濯、そうじ、買い物を含めてすべて自分で行わなければいけないからです。

これが肢体不自由のある重度障害者の場合、より一人暮らしは大変です。外出どころか、郵便物の受け取りすら困難だからです。もちろん、一人の力だけで食事や入浴、排せつをするとなると大きな労力が必要になります。

そこで、多くの障害者はホームヘルプを依頼します。障害福祉サービスにホームヘルプがあり、軽度から重度の障害者を含めて、誰でも居宅介護(ホームヘルプ)を依頼できます。

特に重度の障害者であり、肢体麻痺を含む場合はホームヘルプを依頼しないと一人暮らしは非常に困難となります。

通常は障害者グループホームや入所施設の活用

なお一般的には、障害者が親やその他の親族から離れて暮らすとき、障害者施設の活用が第一選択肢になります。こうした障害者施設には障害者グループホームや入所施設(障害者支援施設)があります。障害者が集団にて共同生活を送る施設が障害者グループホームや入所施設です。

障害者向けの公的サービスであり、介護スタッフが24時間体制で介護サービスを提供することになります。また障害者施設の費用は格安であり、日々の支出に関して、まったく働けない障害者であっても問題なく生活できるほどの額となっています。もちろん、肢体麻痺のある重度障害者であっても入居可能です。

・ワンルーム形式なら一人暮らしとほとんど同じ

なお肢体不自由のある人で「完全なる一人暮らしと同等の環境がいい」のであれば、ワンルーム形式の障害者グループホームという選択肢もあります。シェアハウス形式のほうがすぐにスタッフが障害者のもとに駆け付けれるので優れているものの、ワンルームタイプの障害者グループホームも存在するのです。

この場合、障害者グループホームとして24時間の介護体制を確保しつつ、ワンルームなので一人暮らしとほとんど環境が同じになります。しかも、支払いは格安です。そのため、やはり重度障害者の一人暮らしでは障害者施設の利用が普通となります。

重度訪問介護によって一人暮らしが可能

ただ中には、どうしても一般賃貸住宅などでの一人暮らしをしたいと考える肢体不自由・重度障害者がいるかもしれません。

  • 何としてでも、実家近くで一人暮らしをしたい
  • 障害者施設で生活したが、合わなかった

本来、障害者グループホームなどの施設のほうが介護職員による手厚いサポートを受けることができ、費用も格安です。ただ、賃貸マンションでの生活でなければいけない理由がある場合、一人暮らしをしても問題ありません。

このとき、重度の障害者が利用するホームヘルプは居宅介護ではなく、重度訪問介護になります。居宅介護は1日に数時間ほどしかホームヘルプを依頼できません。一方、重度訪問介護では1回3時間以上の長時間の介護が基本になっています。

重度訪問介護を利用すれば、1日のうち多くの時間についてホームヘルプを依頼できます。そのため脳性麻痺や脊髄損傷、難病患者など肢体不自由の重度障害者にとって重度訪問介護を利用することで、ようやく一人暮らしを行えるようになります。

お金の問題を解決する必要がある

なお重度障害者の場合、多くが十分に働くことができず、低所得者に該当します。そのため、重度訪問介護を利用して一人暮らしをする場合、お金の問題を事前に解決する必要があります。

障害者グループホームや入所施設(障害者支援施設)を利用する場合、補助金が出るため、障害年金のみが収入であっても問題なく生活できます。一方で一般的な賃貸住宅に住む場合、どうしても高額な費用が発生します。

そのためお金の問題により、以下の人のみ一人暮らしが可能です。

  • 重度の障害者だが、働いていて収入がある
  • 親が死亡し、実家を相続した
  • 保有する貯金額・資産額が大きい

また一般賃貸住宅に住む場合、最初に家賃の5倍の初期費用(敷金、礼金、前家賃、仲介会社への手数料など)を支払わなければいけません。一人暮らしをする場合、金銭的な問題の解決は必須です。

事前にホームヘルプを利用して一人暮らしに慣らす

また一人暮らしを開始する場合、事前にホームヘルプの利用を考えましょう。事前に重度訪問介護を利用すれば、入居後すぐであっても介護が開始されます。また、ホームヘルパーとの信頼関係を前もって築くこともできます。

肢体不自由・重度障害者が一人暮らしをする場合、事前の準備が必要になります。そこで、まずはホームヘルプを依頼することで、一人暮らしに必要な手はずを整えましょう。

なお実際に賃貸物件で一人暮らしを開始する場合、家具家電を含めて何もない状態からスタートすることになります。障害者グループホームとは異なり、日本の賃貸物件は部屋に何もない状態であることがほとんどです。

また、最初はガスや電気も存在しません。また電気が通っても、電球を購入して取り付ける必要があります。そのため、やはり重度障害者にとって何も準備が整っていない賃貸住宅での一人暮らしは大変になりやすいです。

物件探しは大変だが妥協せずに行う

このとき、肢体不自由・重度障害者にとって重要なポイントに物件探しがあります。障害者グループホームであれば、重度障害者用の日中支援型グループホームを利用するとバリアフリーに対応しています。

また入所施設(障害者支援施設)についても、重度障害者向けの施設なので車いすであっても問題ありません。

それに対して、一般賃貸住宅ではバリアフリーになっておらず、外に出るときに非常に大変なことは多いです。またバリアフリーであっても、車いすに対応している物件となると、より限られます。このとき、以下の条件を確認しなければいけません。

  • 建物:建物の入り口から玄関まで、車いすで通れるか
  • 玄関:十分なスペースがあるか
  • トイレ:手すりの位置、車いすが入れる広さ
  • 浴室・洗面所:手すりの位置、床は滑りやすくないか
  • 部屋:ドアの開け閉めのしやすさ、照明の位置、段差の有無
  • 外の様子:ゴミ出しの場所、スーパーや病院までの距離

他にもありますが、例えばこれらの項目をチェックしなければいけません。

重度訪問介護によってホームヘルパーによる助けを得るにしても、障害者本人にとって生活しやすい賃貸物件である必要があります。一人暮らしを開始するときは妥協せずに物件探しをする必要があり、この作業が非常に大変になりやすいです。

肢体不自由の重度障害者で一人暮らしを行う

重度障害者で脳性麻痺・脊髄損傷・難病患者を含め肢体不自由の場合、他人の助けなしに一人暮らしを行うのは不可能に近いです。そのため、通常は障害者グループホームや入所施設(障害者支援施設)を活用します。特にワンルーム形式の障害者グループホームであれば、一般賃貸住宅での一人暮らしと居住環境はほとんど変わりません。それでいて、24時間体制の介護があります。

ただ場合によっては、どうしても一般的な賃貸住宅での一人暮らしをしたいと考える人もいます。こうした重度の障害者については、重度訪問介護を活用しましょう。お金の問題を解決できる場合、賃貸マンションを借りても問題ありません。

このとき、事前にホームヘルプを依頼することで一人暮らしの準備をするといいです。車いすでも問題ない物件を探すのは大変ですが、妥協せずに探すのです。

脳性麻痺や脊髄損傷、難病患者など、肢体不自由の重度障害者が一人暮らしをするとき、考えるべきことがたくさんあります。そこで、重度訪問介護を活用しつつ一人暮らしの準備をしましょう。

【全国対応】完全無料にて優良な障害者グループホームを紹介!

家賃のほとんどが自治体から助成され、食費や水道光熱費など、必要最低限の出費で住めるシェアハウス形式の施設が障害者グループホームです。介護スタッフが常駐しているため家族の負担はゼロになり、親亡き後問題も解決できる施設となります。

障害者グループホームは一般的に「空きが少ない」といわれています。ただ、それは「担当者が知っている範囲で空きがない」というだけであり、実際には多くの空きがあります。近隣の自治体まで含めれば、すぐに入居可能な障害者グループホームはいくつも存在します。

ただ障害者グループホームによって居住に関するルールは大きく異なり、利用者(障害者)にとって最適な施設を選ばなければいけません。

そこで、当サイトでは完全無料で障害者グループホームを紹介するサービスを日本全国にて実施しています。「いますぐ入居したい」「いまの障害者グループホームから他の施設へ移りたい」「強制退去となり、新たな施設を探している」など、軽度から重度の障害者を含めてあらゆる方に対応しています。

障害者グループホームの応募ページへ→

YouTubeでの障害者情報

Instagramでの障害者情報

TikTokでの障害者情報

【全国】障害者グループホームの募集