自立訓練(機能訓練・生活訓練)を利用するとき、どうしても気になるのが自己負担額です。自立訓練の利用を考えている人は多くで低所得者であり、利用料金が高いと利用することができません。

このとき、自立訓練(機能訓練・生活訓練)を利用する人は格安または無料にて利用できます。そのため、障害者で自立訓練の費用をそこまで心配する必要はありません。

なお自立訓練の中には宿泊型もあります。宿泊型自立訓練の場合、家賃や水道光熱費を実費にて支払わなければいけません。そのためある程度のお金が必要になるため、宿泊型自立訓練を利用するには事前に費用負担を把握しておく必要があります。

それでは、自立訓練を利用するときの値段はどのようになるのでしょうか。障害福祉サービスの中でも、自立訓練の料金について解説していきます。

自立訓練(機能訓練・生活訓練)は1割負担

自立訓練(機能訓練・生活訓練)や宿泊型自立訓練は障害福祉サービスです。すべての障害福祉サービスは原則、1割負担です。そのため、サービス料は格安です。

  • 家事や入浴、排せつ、着替え
  • 金銭管理
  • 交通機関の利用
  • 社会的マナー

自立訓練ではこれらのトレーニングをしますが、こうしたサービス料金が1割負担で済むというわけです。

低所得者は利用料金が無料

それでは費用負担が必要かというと、多くの障害者で料金はゼロです。理由としては、自立訓練はこれから社会生活を送るために必要なスキルを学ぶサービスであり、多くの障害者で低所得者に該当するからです。

障害福祉サービスを利用するとき、月の負担上限額があります。以下のようになっています。

状態負担上限額
生活保護0円
住民税の非課税世帯0円
世帯年収600万円以下9,300円
世帯年収600万円超37,200円

このように、住民税の非課税世帯や生活保護では利用料金が無料です。また住民税の非課税世帯でなかったとしても、そこまで年収が高くないのであれば月の負担上限額は非常に低いです。これが、障害福祉サービスを利用するとき、多くの人にとって利用料金を心配しなくてもいい理由です。

送迎費用の自己負担も格安または無料

なお自立訓練(機能訓練・生活訓練)を利用するとき、事業所側の送迎サービスを利用する人は多いです。

こうした送迎費用についても、格安または無料になります。障害福祉サービスでは送迎加算があり、障害者を送迎した場合は国へ請求できる仕組みになっています。そのため、障害者は1割負担や無料で済みます。

自立訓練(機能訓練・生活訓練)を利用するとき、サービス提供だけでなく、送迎を利用する場合についても費用負担は心配不要です。

食費はすべて実費負担になる

ただ、すべての利用料金が格安または無料になるわけではありません。実費負担になる項目も存在します。例えば、食費がこれに該当します。

すべての人で食事をします。また、障害福祉サービスに食事料金は含まれておらず、食事代金はすべて自己負担で支払わなければいけません。

食事代の金額は事業所によって異なるものの、一般的には一食あたり300~500円になります。

例えば自立訓練(機能訓練・生活訓練)では、10:00~16:00の利用になります。その場合、昼食が必要です。また宿泊型自立訓練を利用するにしても、朝食や夕食が必要です。そのため、

宿泊型自立訓練は家賃と水道光熱費が必要

なお中には、宿泊型自立訓練を利用する人もいます。昼間に一般就労やその他の障害福祉サービス(就労移行支援など)を利用している場合、夜間にトレーニング可能な自立訓練施設を利用します。それが宿泊型自立訓練です。

宿泊型自立訓練を利用する場合、食事代に加えて、家賃と水道光熱費の支払いが必要になります。どれくらいの家賃・水道光熱費になるのかについて、自立訓練施設によって異なるものの、ザックリと以下のようになります。

  • 家賃:月に3~5万円
  • 水道光熱費:月に約1万5000円

そのため、低所得者で収入がほとんどない場合は「宿泊型自立訓練の支払いが可能かどうか」を見極める必要があります。

障害者グループホーム(共同生活援助)であれば、家賃補助を国や自治体から受けられます。それに対して、宿泊型自立訓練での家賃補助はありません。そのため、どうしてもその分だけ費用負担が大きくなります。

費用を理解して自立訓練を利用する

すべてのサービスで費用負担があります。ただ障害福祉サービスは公的制度であるため、自己負担額は格安または無料になっています。特に住民税の非課税世帯や生活保護の場合、サービス料は無料になります。

それでは、すべての費用負担がないかというと、そういうわけではありません。食費については、すべての障害者で実費です。

また宿泊型自立訓練を利用する場合、食事代に加えて家賃・水道光熱費が加わります。自立訓練施設で宿泊するため、その分だけ費用負担は大きくなるのです。

低所得者であるほど、どのような利用料金になるのか把握しなければいけません。そこで、こうした自己負担があることを理解して自立訓練を利用しましょう。

【全国対応】完全無料にて優良な障害者グループホームを紹介!

家賃のほとんどが自治体から助成され、食費や水道光熱費など、必要最低限の出費で住めるシェアハウス形式の施設が障害者グループホームです。介護スタッフが常駐しているため家族の負担はゼロになり、親亡き後問題も解決できる施設となります。

障害者グループホームは一般的に「空きが少ない」といわれています。ただ、それは「担当者が知っている範囲で空きがない」というだけであり、実際には多くの空きがあります。近隣の自治体まで含めれば、すぐに入居可能な障害者グループホームはいくつも存在します。

ただ障害者グループホームによって居住に関するルールは大きく異なり、利用者(障害者)にとって最適な施設を選ばなければいけません。

そこで、当サイトでは完全無料で障害者グループホームを紹介するサービスを日本全国にて実施しています。「いますぐ入居したい」「いまの障害者グループホームから他の施設へ移りたい」「強制退去となり、新たな施設を探している」など、軽度から重度の障害者を含めてあらゆる方に対応しています。

障害者グループホームの応募ページへ→

YouTubeでの障害者情報

Instagramでの障害者情報

TikTokでの障害者情報

【全国】障害者グループホーム・障害者支援施設の募集