障害者が社会生活を送れるようにトレーニングする公的サービスが自立訓練(機能訓練・生活訓練)です。自立訓練により、新たに障害者になっても社会に適応できるようになります。

ただ65歳以上の高齢者の場合、介護保険との兼ね合いを考えなければいけません。通常、障害福祉サービスよりも介護保険サービスのほうが優先されるからです。ただ65歳以上であっても、自立訓練は利用可能です。

それでは65歳以上の高齢障害者について、どのように自立訓練を活用すればいいのでしょうか。高齢の障害者で自立訓練(機能訓練・生活訓練)を利用するときの考え方を解説していきます。

通常、障害者は65歳以上で介護保険が優先

障害者にとって高齢者の基準は非常に重要です。65歳以上になると障害福祉サービスよりも介護保険サービスが優先されるようになり、これによってさまざまは弊害を生じるようになるからです。

特に、障害福祉サービスと介護保険サービスで似ている内容については、65歳になった瞬間に障害福祉サービスを利用できなくなります。障害福祉サービスと介護保険サービスで似ているサービスとは、具体的には以下があります。

こうした障害福祉サービスについて、65歳になると介護保険サービスへ切り替えなければいけません。つまり、それまで利用していた事業所を解約し、介護保険サービスを提供している事業所とと新たに契約する必要があります。

同等のサービスがない場合、障害福祉サービスを利用可能

それでは、すべての障害福祉サービスで「65歳になったら利用できなくなるのか」というと、そういうわけではありません。介護保険サービスにはない、障害福祉サービス独自の内容であれば、65歳以上であっても継続して利用できるようになっています。

  • 障害者グループホーム
  • 入所施設(障害者支援施設)
  • 同行援護
  • 行動援護
  • 自立訓練
  • 就労移行支援
  • 就労継続支援

例えば、これらの障害福祉サービスは65歳以上であっても利用できます。

自立訓練(機能訓練・生活訓練)は65歳以上で利用可能

そのため、自立訓練(機能訓練・生活訓練)を利用したい場合は65歳以上であっても利用できるようになっています。自立訓練と同様のサービスは介護保険に存在しないからです。

自立訓練を利用するためには、事前に障害福祉サービス受給者証を得る必要があります。そのため自立訓練(機能訓練・生活訓練)に関する障害福祉サービス受給者証を得られたのであれば、自立訓練を活用しましょう。

なお自立訓練(機能訓練・生活訓練)には通所型や訪問型があります。送迎がある場合、通所にて自立訓練施設へ通えばいいです。ただ送迎がなく、高齢者で通うのが難しい場合、訪問型の自立訓練を利用できないか考えましょう。

実際の高齢者の利用割合

それでは自立訓練を利用している人について、高齢者の割合はどのようになっているのでしょうか。社会生活を送れるようにする障害福祉サービスであるため、高齢者の利用割合はどうしても低くなります。

障害者であっても、若い場合はトレーニングによって新たに行えることが増えていきます。一方で高齢者の場合、基本的には体が衰えていくだけとなります。ただ前述の通り、高齢者であっても自立訓練(機能訓練・生活訓練)を利用でき、65歳以上の割合は以下のようになっています。

  • 機能訓練:約8%
  • 生活訓練:約5%

このように、全体では高齢者の利用者は少ないです。ただ利用している人がいるのは事実であるため、必要であれば自立訓練(機能訓練・生活訓練)を利用してもいいです。

高齢者向けデイケアでも問題はない

なお65歳以上で自立訓練を考える場合、介護保険を利用してのデイサービス利用でも問題ありません。高齢者のデイサービスにはさまざまな事業所があり、送迎も可能であるため、事業所を選べば適切なサービスを受けられます。

例えばリハビリを考えている場合、リハビリを受けられるデイサービスを選べばいいです。また、デイサービスでも機能訓練を受けることができます。

またデイサービスでは、物事を正しく判断する能力が低下している人もたくさん利用しています。そのため、知的障害者や精神障害者であっても問題なく利用できます。高齢者デイサービスなのでトレーニングというよりも、生活能力の維持になりますが、こうした施設の活用でもいいです。

65歳未満の若い人向けの公的サービスが障害福祉サービスです。そのため自立訓練(機能訓練・生活訓練)について、高齢者デイサービスと比較して利用が適切かどうかを考えるといいです。

高齢者で自立訓練を利用する

障害者が65歳以上になると、介護保険が優先されます。そのため、利用できる障害福祉サービスを事前に理解しなければいけません。

自立訓練(機能訓練・生活訓練)については、障害福祉サービス独自の内容です。そのため年齢に関係なく、高齢者になったとしても機能訓練や生活訓練を利用できます。高齢利用者は少ないものの、障害福祉サービス受給者証を得られれば活用できます。

ただ高齢者の場合、基本的に体の機能は衰えていくばかりです。また高齢者向けデイサービスには事業所ごとにさまざまなプログラムがあるため、自立訓練と高齢者向けデイサービスでどちらの利用が適切なのか考えるといいです。

高齢者でも利用できる障害福祉サービスが自立訓練(機能訓練・生活訓練)です。そこで、自立訓練の特徴を理解したうえで利用を検討しましょう。

【全国対応】完全無料にて優良な障害者グループホームを紹介!

家賃のほとんどが自治体から助成され、食費や水道光熱費など、必要最低限の出費で住めるシェアハウス形式の施設が障害者グループホームです。介護スタッフが常駐しているため家族の負担はゼロになり、親亡き後問題も解決できる施設となります。

障害者グループホームは一般的に「空きが少ない」といわれています。ただ、それは「担当者が知っている範囲で空きがない」というだけであり、実際には多くの空きがあります。近隣の自治体まで含めれば、すぐに入居可能な障害者グループホームはいくつも存在します。

ただ障害者グループホームによって居住に関するルールは大きく異なり、利用者(障害者)にとって最適な施設を選ばなければいけません。

そこで、当サイトでは完全無料で障害者グループホームを紹介するサービスを日本全国にて実施しています。「いますぐ入居したい」「いまの障害者グループホームから他の施設へ移りたい」「強制退去となり、新たな施設を探している」など、軽度から重度の障害者を含めてあらゆる方に対応しています。

障害者グループホームの応募ページへ→

YouTubeでの障害者情報

Instagramでの障害者情報

TikTokでの障害者情報

【全国】障害者グループホーム・障害者支援施設の募集